体の相性なんて、やってみなくちゃ分からない

少し極端なようですが、これが私の持論です。ぶっちゃけ、顔とかスタイルとかだったら、外見の問題なのでパッと見ただけでいろいろとわかるじゃないですか。でも、セックスの相性っていうのは、実際にその相手とセックスしてみないことにはわからないのです。

外見をパッと見て、例えば「胸が大きいから揉んでみたい」とかいうふうに性欲を掻き立てられるという例はあると思いますが、それでも、実際にセックスしてみたわけではない以上、二人の相性が良いかどうかは分かりません。すごく良好な関係を維持していたカップルが、体の相性の不一致を理由に分かれてしまうケースさえあるので、以下に男女の関係についてセックスの問題が大きいか、体の相性というものが大事かというのが分かると思います。

セックスしてみないと体の相性が分からないなら、いろいろな人ととにかくセックスしてみるべきだというのが私の考え方です。私は一応女なので、あまりこういうことを大っぴらに言うといろんな人からドン引きされます。だからあまり大っぴらには言わないんですけど、でも私じゃなくても同じような願望を持っている女性は絶対にいると思います。女ってみんなセックスが大好きなんですよ、特に一度でもセックスしてその快楽に目覚めてしまうと、もうそれが忘れられなくなります。ただのオナニーではぜんぜん満足できなくなるんですよね。

どんどんいろいろな人とセックスしてみるべきだという考え方には、ちょっと疑問を持つ人がいるかもしれません。一人でも相性の良い相手が見つかったらもうそれで十分じゃないかと。確かに、そんなふうに考える人の気持ちも分かるのです。というか、そう考えるのがいたって普通のことだと思います。

しかしながら、私は全然普通ではないと自覚しているので、例え相性の良い相手であっても、ずっと同じ相手、ずっと同じセックスのやり方を続けていては、そのうち飽きてしまうのです。私はセックスのマンネリというものを何よりも嫌います。

これほど奔放な考え方をしている女が、ずっと一人の男性と付き合い続けるような暮らしで満足できるわけがありません。結婚生活なんて、私にとっては拷問以外の何物でもないのです。私の周りにも、早く結婚したいとか素敵な人との出会いがほしいとか、そんなふうに言っている子はいますが、私は正直なところ、結婚願望を持つ人たちの気持ちがよく分かりません。

例えば知人などに向かって、そんなことをはっきりということはしませんが、血痕なんていったい何がいいんだろうというのは常に思っています。誰でもいいからセックスしまくりたいとか言っている女の子の気持ちだったら、すごくよく分かるんですけど。でも、女の私がそんなことを口に出していうのはやっぱり間違ってるんだろうなあと思います。

ヤリマン探しに最適なせふれから本命になるぞ.netがオススメ!

セフレとの関係を続けていく際、我慢すべきところと我慢しなくても良いところ

セフレと恋人に差なんかないとか、たとえセフレという前提で始まった男女関係であっても、二人の関係が親密になればセフレという関係から恋人という関係にステップアップできるというふうに主張する人はいますが、私はそんなふうには思いません。私は実際に、ある優良の(18禁の)出会いアプリを利用してとある女性と知り合い、その女性とは今でもある程度親密な関係を持っていますが、彼女との関係はどれほど親密であってもやはりセフレだというふうに考えています。

セフレと恋人という関係に差なんかないというふうに考えている人は、口ではそんなふうに言いながら、無意識のうちに、やはりセフレという男女関係を、恋人同士の関係に比べれば下のほうに見ているのでしょう。だからこそ「ステップアップすれば恋人同士の関係になれる」といったような発想が出てくるのです。

けれども実際には、セフレと恋人同士の関係はまったく違うもので、いくら二人の関係が長く続いて親密になっていったとしても(関係が長く続けば二人が親密になるというのは、当然考えられることだと思います、何しろ人間関係の問題なので)セフレだった二人が恋人同士の関係にレベルアップすることはまず考えられないと、私は思います。

私は、セフレという男女関係が恋人同士の関係よりも下の次元のものだというふうには考えていません。恋人同士の関係とセフレの男女関係というものはまったく別のもので、レベルアップがどうのこうのという話ではないのです。それぞれにメリットとデメリットがあるので、最終的に自分がどういう人間関係を構築していきたいのかということについては、パートナーともじっくり相談したうえで決めればいいのだと思います。

私は、出会いアプリを利用してこれまでたくさんの女性と知り合ってきました。恋人同士の関係にこだわったこともありました。けれどもいろいろと考えてみて、やはり自分が望んでいるのはセフレという男女関係なのだということに気付いたのです。

というよりも、恋人同士の関係を誰かと持ってしまうと、それだけで制約を受けてしまう部分がものすごく多くて、これまでは当たり前だった自由とかがなくなり、相手の女性に対してある程度の責任というものを持たなければならなくなるので、そういう男女関係は、ちょっと私が望んでいるものとは違うなというふうに考えたのです。結婚を前提として女性とお付き合いを始めると、経済的なこととかいろいろな面で、相手の女性に対して責任を持たなければならなくなります。

私は、相手に対して責任を持つお付き合いをするということはつまり、自分にとっての自由が制限されてしまうというふうに考えたので、結局は、結婚を前提とする男女の関係をあまり望まなくなりました。今後、自分の考えが変わっていく可能性というのはもちろんあるのですが、少なくとも今のうちは、自分にとって気の合うセフレと、楽しくお付き合いできるかどうかというのが私にとって一番じゅうようなことだと考えています。

ただ、セフレという関係は、書類上のつながりがないゆえに不安定であるということも考えなければなりません。厳しいことを言えば、男性から見て、相手の女性に飽きられてしまえばもうそれで終わりだという部分は少なからずあるので、自分にとって多少は嫌なこととか都合の悪いことであったとしても、相手のことが好きなら相手の都合に合わせたり、要は相手の気をずっと惹きつけていられるよう、いろいろと気を遣ったり我慢しなければいけない部分というのはあると思います。

そのかわり、セフレが相手だったら、我慢しなくていい部分もあるのです。一番大きいのはやっぱり経済的な負担ですね。夫婦とセフレとで比べると、やはりこの部分の負担が一番違ってくると思います。

セフレや不倫なら

人妻が出会いアプリを利用したらおかしいですか?

なんとなくこういうアプリを利用しているのは若い子たちばっかりというイメージがあって、実際に人妻の私が利用していると、若い子のほうが圧倒的に多いなあという実感はあるのですが、それでも、人妻が出会アプリなどを利用しているのがおかしいということは無いと思いますよ。数で比べれば若い子には負けてしまうかもしれませんが、わたしいがいにも、人妻でありながら出会いアプリを利用している女性はいます。

また、男性にしたって、結婚してあるいは子供もいるのに出会い系サイトを利用しているという人がいるでしょう。私自身、出会い系サイトを利用してそういう男性とメールのやり取りをしています。お互いに結婚している者同士、いろいろと共感しあえる部分が多いのです。

普通に考えて、男女の関係なくすでに結婚しているのであれば、出会い系サイトやアプリなどを利用して新たに出会いを求める必要はないのです。しかしながら、出会い系サイトやアプリを利用している既婚者は非常に多いのです。結婚しているのに新しく出会いを求めているということはつまり、今自分と一緒に生活しているパートナーとは、いろいろとうまくいっていない部分があるという証拠なのです。

私自身も、旦那との関係がうまくいっていなくて、そのことに耐えきれなくなって出会い系サイトやアプリを利用しています。離婚は考えていませんが、なにしろ旦那との間では完全にセックスレスなので、欲求不満に耐えられないのです。

夫婦の関係が冷え切っているため、旦那と話をする機会も極端に少ないのですが、なんとなく、わたしだけでなく私の旦那も出会い系サイトやアプリを利用して不倫をしているんだろうなというのがわかるのです。少し前から、旦那が私に対する興味を失っているのではないかと感じています。

私とセックスレスの状態になっているわけですから、だんなだってかなり欲求不満がたまっているはずですが、どれほど欲求不満になっても私の体を求めてこないので、もうこれはきっと、私の他に女がいるのだろうなという感じです。ある程度は長く連れ添った夫婦なので、聞かなくてもそれくらいのことは想像がつくんです。

年を取ってから出会いを求めるには、はっきり言っていろいろとむつかしい部分もありますが(特に女の場合は、年を取ってしまうとどんどん商品価値が下がっていきます)自分でこんなことを言うのは嫌なのですが、これは事実なので仕方ありません。若いころなら多少はちやほやされたという人でも、年を取るとほとんどそういうことは無くなります。それが寂しいというより、仕方のないことだと考えてあきらめています。

出会いのチャンスというものがどんどんなくなっていっても、出会いアプリを利用すればまだかろうじて望みはあるので、ある程度の年を重ねた男女でも、出会い系サイトやアプリを利用して出会いを求めているということは、いま時特に珍しくないんですよ。

せふれをゲットするなら人妻がベスト

出会い系サイトを利用し始めてからしばらく、なぜそんなふうに言われることが多いのかということがよく分からなかったんですよね。どうしてセフレがベストなんだろう、例えば出会い系サイトを利用してせふれをゲットしたいと望んでいる人の中には、まだ結婚してない男性も多いし、大学生くらいの若い男性もたくさんいるのに、それでもどうして人妻がベストだって言われるんだろうってずっと思ってました。

正直なところ、私としては(自分がまだ大学生の立場で若いからというのもありますが)人妻との出会いを求めてセフレの関係を持つということに、それほど強い魅力を感じませんでした。

特に出会い系サイトを利用し始めたばかりの若い男性は、人妻ではなく自分と歳の近い若い女性との出会いを求めたがるものだといわれますが、私もまさにそんな感じだったのです。すでに結婚してるのにそれでも出会い系サイトを利用しているってことは、サイトにいる人妻なんてどうせろくな女じゃないんだろうなって思ってたんです。

かなり悪いイメージを持っていましたね、私の周りには特に、出会い系サイトを利用している人妻のことを悪くいう人が多かったので、そういう人たちから強く影響されてしまったというのはあるかもしれません。
本当に間違った偏見だったと今では思います。

確かに出会い系サイトを利用していると、とんでもない女性に出会うことはあります。私も何度か「素敵だとは思えない出会い」みたいなものを経験しています。出会い系サイトを利用している人の数は非常に多く、その中でちょっとくらい変な人がいるのは仕方のないことなのです。それは相手が人妻だから悪いというのではなくて、男性だろうが女性だろうが変な人というのはいます。

逆に、どうしてこんな素敵な女性が出会い系サイトを利用しているのだろうと、思わず目を疑うような(出会い系サイトでのコミュニケーションなので、常に相手の顔などをじっと見ているわけではありませんが)出会いを実感することもあります。私はそういう出会いを果たしたからこそ、今まで私自身が人妻に対して持っていた印象が間違った偏見だということに気づいたのです。

せふれをゲットするなら人妻がベストだってよく言われますけど、今なら私にもその意味がよく分かります。

人妻登録率がかなり高い逆援 人妻もオススメです!

顔写真で嘘をついたらばれました!

mコミュっていう出会い系は便利だなと思って、ずっと使ってたんですよ。
大学生の頃からずっと使ってますが、別に彼女がほしいとか結婚相手を求めているとか、そう言う感じでサイトを利用していたわけではないんですよね。
別に負け惜しみを言っているわけではないです。
私にとって出会い系サイトとは「メル友とコミュニケーションをとるためのサイト」なんですよ。
女の子の話し相手は欲しいけれど、面と向かって話したいとは思わない。
面と向かって話したいわけではないなら、出会い系サイトを利用するコミュニケーションだけで十分に目的を達成できるのではないかというふうに思うわけなんですよね。

何しろ私は自分の顔に自信が持てません。
なんでこんな顔に産んだんだというふうに親を恨んだことも何度もありますよ。
でも外見の問題ってどうしようもなくて、親を恨んだところでいきなりイケメンになれるわけでもないんですよね。
まず、なんだかんだ言っても恋愛のことについては見た目で判断されることが非常に多いので(それはもちろん女性だって同じなのですが)不細工な人間はそれだけでふりです。
出会い系サイトを利用していることがどれだけ手軽であっても、そういうことはあまり関係がありません。
よく「恋愛格差」なんてことが言われたりしますが、それは本当だと私は思います。

今までの人生は、たぶん顔で判断されてきたのだと思いますが、そもそも彼女ができたことなんて一度もありません。
こんな顔で女の子に振り向いてもらうことが無理だということくらいは私がいちばんよく分かっています。
考えるだけで悔しいことですが、これはもう考えたって仕方のないことなのであきらめています。
見た目で判断されるとどうしても女の子に好感を持ってもらえないので、私にとってまさに出会い系サイトは救いをもたらしてくれるサイトでした。
なぜなら、出会い系サイトを利用して誰かとコミュニケーションを取る際には、見た目で判断されるということがほとんどないからです。

ただしあくまで「ほとんど」何だなということを思い知りました。
最近では、写メを交換しようといわれることが当たり前なんですよね。
写メを交換しようといわれても、私の顔はとても他人には見せられるものではないので、どうしようかと困った末に結局、自分の顔写真を加工して送ったら……

mコミュよりも好評判のサイト最新情報→出会い系PCMAXの評判と出会う方法

Gスポットって、気持ちが良すぎて本気でヤバいです

もしもまだ自分がGスポットの快楽を知らないのだという女性がいたら、人生で得られる快楽を知らずにちょっと損をしていると思うので、ぜひとも素敵なパートナーを見つけて、個々を刺激してもらってください。
多少の個人差はありますが、ここを刺激される快楽を覚えると、もうセックス自体が病みつきになります。
Gスポットを刺激してもらう人は、自分が好きな人、セックスしてもいいと思える人だったら誰でもいいと思うのですが、当然のことながら、セックスが本当に上手な人にここを刺激してもらうと、本当に涙が出るほど気持ちがいいんです。
もともと、セックスやオナニーをすることで女性が得られる快楽は、男性が得る快楽のおよそ七倍以上だとも言われています。それだけ気持ちがいいということです。

実際に私も、あまり堂々と言うべきことではないのかもしれませんが、セックスが大好きで、いつもセフレと遊んでいます。オナニーだってほとんど毎日のようにやりまくっていますが、やっぱり一人エッチよりも二人エッチのほうがいいかなというふうに思うのです。
私だって、好きな時に好きなだけセックスを楽しめるセフレがまだいなかった頃は、オナニーしまくってました。
女がこんなことを堂々と言うのはどうなのかと思うのですが、実際に若い女なら特に、皆オナニーやりまくってますよ。
だってまさかいろいろな男とセックスしまくるわけにいかないじゃないですか。
それができない代わりに、オナニーで欲求不満をなんとか解消して我慢するんです。
そんなことは、たとえ女同士の会話であってもなかなかできないものなんですけど。

一人でオナニーをするときにGスポットを刺激して遊ぶこともできるんですよ。
ネットで調べたり雑誌を読んだりすれば、Gスポットの場所なんて簡単に分かりますからね。
でも、Gスポットを自分で探し当てることというのは必ずしもいいことばかりとは限らなくて、まず、自分の手で探し当てるのではなく男性のパートナーに刺激してもらったほうがはるかに大きな快楽を得ることができるというふうに言われていますし、また、自分でGスポットを開発してしまって、あまりに早いうちから底を刺激することに慣れてしまうと、せっかく自分に素敵な出会いのチャンスがあって、好きになった男性とセックスするということになった時、すでに自分でGスポットを開発してしまっている人のほうが、得られる快楽が小さくなってしまうといわれています。

そう言う感じ方にはもちろん個人差があるのですが、もしも本当に得られる快楽が小さくなるのであれば、それってものすごくもったいないことだと思いませんか?

だからわたしは、自分でGスポットを開発せずにずっと我慢してきたのです。
もちろん、自分であそこをいじるのがちょっと怖いということもあったのですが、自分で刺激をし過ぎて、得られる快楽が小さくなってしまったら、相手の男性にきっと「こいつはいつもオナニーばっかりしているんだろうな」ということがばれてしまうと思ったのです。

そんなことを見抜かれたら死ぬほど恥ずかしいですし、もしかしたらそれが原因でせっかくの出会いがうまくいかなくなってしまうかもしれないという怖さがあったので、私は自分でGスポットを開発することをずっと我慢してきました。

その後、出会い系サイトを利用して出会いを求めることにせいこうするわけですが、結果から言って、ずっと我慢してきて良かったなと思ったんですよ。
Gスポットって、十分に開発されるまではなかなか気持ちよさがわからないものなんですが、一回でも開発されるとそこから得られる快楽に病みつきになります。

私は今までこんなに気持ちの良いことを知らずに来たのかと、けっこう本気で愕然としたものです。

セフレ検索ならセフレサイトをチェック

女性の気持ちというものはよく分かりません

私だけではないのかもしれませんが、この年になっても女性の気持ちがよくわからないのです。私はもうそろそろ四十になろうという歳で、結婚もしていて子供もいますが、妻と完全に分かりあえた瞬間というのがあまりありません。妻に対して「お前の気持ちがわからなくて困っている」というようなことを言えば、絶対に馬鹿にされるか、あるいは私だってあなたの気持ちがわからないわと返されて、それで終わりだと思います。

男女がお互いの気持ちを理解できないのはある程度仕方のないことだといわれていますし、理解できない状態でも、今まで十五年以上、妻とはそれなりによくやってきたつもりなのですが、それでも私にはどうしても、妻に対して釈然としない思いみたいなものがあるのです。

表面的にはそれなりによい関係の夫婦だと思います。それなりに相手を気遣って、大きなケンカをして家庭が崩壊するということもなく、それなりにうまくやってきたという思いはあるのです。妻の容姿などについて、私にとっての理想とは程遠いという不満はもちろんあるのですが、それは妻だってもちろん同じ不満を私に対して持っているでしょうし、この年になればはっきり言って、パートナーの容姿など本当にどうでもよくなるのです。そんなことよりも、お互いが離婚せずにいられるか、きちんと家庭を守っていられるか、そっちのほうがよほど重大な心配事になります。子供ができれば特に、家族を守る責任みたいなものを一層強く感じるようになりますね。

しかしながら、どう考えても妻のほうは、昔とはちょっと変わってしまったような気がするのです。うまく言えないのですが、もっと昔の妻は私に対してときめきみたいなものを感じていたんじゃないかなと思うのです。こんな言い方をすればお前は自意識過剰なのではないかと思われるかもしれませんが、別に私はどう思われたってかまいません。

自分がイケメンだなどと主張するつもりもさらさらありません。私の容姿が十人並みであることは、私自身が一番よく分かっています。それでも、夫婦がお互いに愛を感じていたころというのは間違いなくあったのです。そうでなければ、曲がりなりにも夫婦になるという決断をすることは無いと思います。

ところが最近の妻からはそういう「女らしさ」みたいなものを感じません。夫婦なのだから、よけいな気づかいをしないでも気楽に付き合えるということは確かにあるかもしれませんし、妻に対していつまでも無理やり若作りをしろとか、そういう無茶な要求をするわけでもないのです。ただなんというか、妻が昔の妻ではなくなったなという寂しさはあるのです。

妻が、私の前であまり楽しそうな顔をしなくなりました。子育てが大変(子供というのは親にとっていつまでも子供で、いくつになっても手がかかるものです)だとか、そのほかにも妻にとってストレスがたくさんあるのだろうというのは想像できるのですが、それにしたって、以前の妻ならもう少し暗い私に悩みの相談をしてくれたものです。そういう相談も、最近ではすっかり受けることがなくなりました。

倦怠期という言葉がありますが、今の私たちの関係がまさにそうなのでしょうか。倦怠期というものは熟年離婚につながりやすいと聞いたことがありますが、私はもっとそういうことを深刻に考えるべきなのでしょうか。なんとなく、妻が私を求めてこなくなり、私もそういう話題に触れにくいので、妻との営みが全くなくなりました。そういう状態がどれだけ長く続けば「セックスレス」というふうに問題視されるのかは知りませんが。私と妻はもう半年くらいセックスをしていないと思います。体の機能の話をすれば、まだお互いに可能なはずなのですが。

当然のことながら、セックスレスになれば欲求不満を感じています。私の場合は、不満に思ってもせいぜいアダルトビデオを見るくらいしかストレス解消するための手段がありません。情けないとは思いますが、浮気をするような解消もないのです。
それでは、妻の場合はどうなのでしょうか、私と同じように欲求不満を感じているのでしょうか。感じているとすれば、妻だっていつまでも我慢することはできないと思いますが、妻はいったいどうやって自分の欲求不満を解消しているのでしょうか。私にとってそれは長い間すごく重大な疑問だったのですが、最近になってその答えがなんとなくわかった気がするのです。

もちろん確証があるわけではありませんが、妻は私に隠れて不倫をしているのではないでしょうか。一昔前であればなかなか考えられないことですが、今の時代では出会い系サイトという便利なものがあるため、誰でも簡単に新しい出会いを求めることができます。

新しい出会いを求めるというのはもちろん、男女の出会いを求めるということになります。出会い系サイトを利用しているのは若い男女ばかりというイメージがありますが、優良な出会い系サイトの中にもいくつか種類があって、妻のように年齢を重ねていても気兼ねなく利用できるサイトが確かにあるようです。

それこそ息子より少し上くらいの年齢の若者から、妻よりもっと年上の中年まで、誰だって自分の目的に合わせて利用できるのが出会い系サイトの凄いところです。私は出会い系サイトを利用して見たことがないですし、そもそもそのようなサイトについてあまり詳しい知識もないのですが、それほど料金もかからないようですし、実際に不倫をしている男女もいるといいます。

妻はひょっとして、出会い系サイトを利用して不倫をしているのではないでしょうか。最近ではそういうことばかりを考えてしまいます。

あわせて読みたい関連記事一覧はコチラから

私は電話のほうが好きです

出会い系サイトを利用している人は多いですが、そもそも出会い系サイトというものはどうしてこれほど人気なのか。
もちろん、出会い系はちょっと使いたくないというアンチの人もいるわけですが、それでも出会い系サイトというものが非常に人気のあるサイトで、利用者がたくさんいるという事実も変わりません。

どうして出会い系サイトが人気なのか、その答えはやっぱり、男女ともに簡単に出会いのチャンスがゲットできるからということに限ると思われます。
手軽さこそが出会い系サイトの一番の売りです。
男女ともに「素敵な出会いのチャンスがほしい」と思っている人は全国に大勢いるのですが、自分から何か行動を起こさなければ、出会いのチャンスに恵まれるわけがないのです。

当然のことながら、できるだけ楽をして出会いのチャンスが手に入るのであれば、誰もがその方法で出会いを求めたいと思うでしょう。
もちろん私だって、楽をして素敵な出会いをゲットできるんだったらそのほうがいいと思います。

メールのやり取りをする場合は、リアルタイムのコミュニケーションと違って、自分にとって都合のいいタイミングでメールのチェックをして、必要があれば相手に変身するという方法でコミュニケーションをとることができます。
リアルタイムのコミュニケーションと違って、送信する前のメッセージだったら相手に送らずに取り消すということができますし、出会い系サイトのメールチェックは電車の中とかでも可能なのです。
まさしく出会い系サイトというものは、仕事が忙しくてなかなかのんびり出会いを求めている余裕がないというビジネスパーソンにもピッタリなサイトなのです。

だからこそ出会い系サイトは人気があって、利用している人の数もすごく多い……もちろんそんなことは言われなくても分かっているのですが、私はどちらかというとメールのやり取りより電話でのコミュニケーションが好きです。
自分がそうだからといって、現在もずっと出会い系サイトを利用しているという人に対して批判的な意見を持っているわけではありません。

女性と電話でコミュニケーションをとりたいのであれば、やはりテレクラの専門サイトを利用してみるべきだと思います。
テレクラの専門サイトは恋人探しを行うには適していないサイトだと思います。
サイトを利用しているほとんどの人が、テレクラの専門サイトはまじめな出会いを実現しようと思っても仲なkむつかしいということを知っているはずです。

私はもともと、出会い系サイトを利用していた時代から、webサイト上で知り合った女性と真剣なお付き合いをさせていただくということについて疑問を感じていました。
私が考えるまじめなお付き合いというのは、それこそ結婚を前提に考えられる女性です。
いくら出会い系サイトが便利なサイトだからといったって、ネットワーク上でしか話したことがない女性を、恋愛対象として好きになれるのか、私にとってはそれはすごく重要な問題に思われます。

私は、昔こそ出会い系サイトを利用してまじめに恋人探すというものもやっていたのですが、それが自分の思っていたよりもうまくいかないことがおおくて、結局は疲れてしまい、出会い系サイトを利用してまじめなお付き合いを実現させたいと考えることをやめました。
私はやっぱり、電話でのコミュニケーションのほうが好きです。

もちろん、テレクラの専門サイトは恋人探しを行うためには向いていないサイトだということは分かっています。
自分がサイトを利用して知り合った女性も、恐らくはアルバイトのチャットレディーばっかりだろうという気はします。

彼の考えがわからない不倫関係

彼は7つも年下で、独身です。私には家族がいますが、彼は私と不倫関係を続けてくれています。
いつも彼に愛していると言われて抱かれるたびに、どうしてこんな年上の人妻を相手にしているのか疑問に思ってしまうのです。
不倫関係になったキッカケは彼からのアピールでした。
元々同じ職場ではありましたが、一度も話をしたことがなかったのです。
確かに顔はしっていましたし、挨拶はしていましたが彼のことも知りませんでしたし、彼も私のことは深くしらなかったはずです。
なのに、結婚していてもいいから俺のことも考えてと強く言われて、ドキッとしたのです。
こんなに真直ぐな目で、俺を見てなんていわれたことはなかったですし、結婚してからは女と言う部分も多少失われていたような気がします。
でも彼と肉田関係を持ってからは、自分は女なんだと実感できましたしとても嬉しく思いました。
年上の私を常に引っ張っていくその力強さと、決して無理をいって私を困らせないといった大人の考えができる彼に完全に心を奪われてしまっています。
夫婦間のセックスは、今はあまりしたくないので私からは誘いませんし主人からの誘いも彼に抱かれた日にはやんわりと断ってしまっています。
彼に抱かれた余韻を主人に汚されたくないといった気持ちになってしまっているのです。
年下にいつも愛されるこの体、彼と不倫関係になってからかなり美意識が高まったように感じます。
彼が私の体に飽きるまで、長く関係が続けていけたらいいなと思っています。

今日から使える不倫専用サイト人気一覧→【不倫サイトはメアド以外で登録できる?